誰もが安心して働き暮らせる社会をつくるための学習と交流の場

129期現代社会講座

129期現代社会講座

講師:後藤道夫

これほのどひどい社会とひどい政権はどのように作られたのか。安倍政権はなぜ、<戦争国家つくり> と<新自由主義改革>を同時に追求するのか。それを支える勢力は何か。なぜ、日本政府はアメリカにこれほど従属的なのか。私たちは、どのような社会を目指してこれらと闘うべきなのか。 ── 多国籍企業が支配的となった<現代帝国主義> のしくみを軸に考える。

129期現代社会講座

講座概要

 日程:11月10日~12月1日 毎週火曜日 午後7時~9時
 会場:全労連会館
 会費:全4回で5,000円(聴講は1回1,500円)
 講師:後藤道夫(都留文科大学名誉教授、東京学習会議副会長)

日程テーマ
第1回11月10日(火)安保法制と現代帝国主義
なぜ、安倍政権は<戦争国家つくり> に突き進むのか。自衛隊を外征軍化する内外の圧力の大元は何か。そもそも、資本主義国はなぜ「普通に」軍隊をもつのか。<現代帝国主義>の視点から考える。
第2回11月17日(火)急進化する新自由主義改革
<戦争国家つくり>と<新自由主義改革>が同時に行われるのはなぜか。長期不況の原因は、新自由主義改革の「不足」なのか「過剰」なのか。そもそも新自由主義改革とは何なのか。経済グローバリズムの深化による、大衆社会統合の縮小をつかむ。
第3回11月24日(火)「日本型雇用」の解体・縮小と資本独裁
日本だけが長期の賃金低下を続けたのはなぜか。「自己責任」と貧困への抵抗がこれほど弱いのはなぜか。先進国でもっとも激しい男女差別はなぜ定着しているのか。日本型雇用と労働運動の長期停滞を対象化する。
第4回12月1日(火)あるべき社会を考える
「失業の権利」が保障されることで低い労働条件が排除され、高い労働技能を目指せる社会。非勤労者が家族責任ではなく公的保障で暮らせる社会。グローバル市場の暴威と闘う社会。……。新たな福祉国家型社会の原則と規範を考える。


CD・ネット受講

 詳細はこちらご覧ください

【会費】
 CD受講:6,000円(音声CD・データCDのどちらを希望か明記してください)
 ネット受講:5,000円

【お支払方法】
 ①郵便振替:払込用紙を郵送いたします。
 ②銀行振込:メール、FAX等で振込先口座をご案内いたします。


お申込

 受講のお申し込みはメールまたはFAXでお願いします。
 メール:gakusyuukaigi@gmail.com
 FAX:03-5842-5647
 お問い合わせ:03-5842-5646


会場地図

【会場】
【全労連会館】

全労連会館


a:3588 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional